サンロクのブログ

三沢市・十和田市・八戸市・おいらせ町・東北町・六戸町・仙台市で長期優良住宅・ゼロエネ住宅の新築・リフォームは螢汽鵐蹈へ(土地・中古住宅も相談下さい)

ブログ一覧

小松ヶ丘新築建売 常設展示中

ここに来て大きな台風が2回も発生しひやひやしましたが、台風25号も温帯低気圧になり、直撃は、避けられたようです。

但し、まだ風が強いようですので、注意が必要です。

さて、弊社では、先月から小松ヶ丘一丁目にて新築建売住宅『リビングコート』と『フラットプラス』の展示会を開催しております。

今回、建物2棟の動画を「ユーチューブ」にアップしましたのでご紹介します。

是非、ご覧頂き、現地にもご見学に来てください。

ユーチューブリンク

フラットプラス

https://youtu.be/mQn8mm9RcGg 

リビングコート

https://youtu.be/z4NQli4x_eM

更新日時 : 2018年10月07日 | この記事へのリンク : 

スヌーピーの滝

営業企画部の橋本です。

今回も隠れた穴場(?)をご紹介。

青森に引っ越してきて早や15年も経っているのに、いまだに初めて知る場所があるのが驚きですね。

この『みろくの滝』は、田子町中心街から国道104号線を秋田の大館方面に走って20分ほどです。

みろくの滝親水広場という公園に駐車場があり、そこからブナの原生林の遊歩道を歩いて

5分ほどですね。遊歩道沿いに小川が流れているのでマイナスイオンを存分に浴びることが出来ます。

滝の由来は、なんか後付けのような感じですが、滝に着いた瞬間には思わず笑ってしまう

光景が広がります。それがコレ!

どうですか?左を向いているSNOOPYが解りますよね。

右側の水量の多い滝が耳です。鼻はちょっと想像力が必要ですが・・。

目に見えるくぼみからも水が垂れているので、泣いているようにも見えます。

地元では有名らしいのですが、私は今回まで聞いたこともありませんでした。

知らなかった人は一度はどうぞ。新鮮な水と空気に包まれるだけでも価値ありです。

そして帰りは定番の田子ガーリックセンターですね。

にんにくカレーを食べました。すっかり元気を取り戻しました。

更新日時 : 2018年10月03日 | この記事へのリンク : 

小松ヶ丘オープンハウスのご案内

はじめに、9月6日未明北海道で発生した震度7の震災に合われた皆様とそのご家族様に心よりお悔やみ申し上げますとともに一日も早い復興をお祈り申し上げます。

さて、9月も中旬。すっかり涼しくなり、夜になれば窓の外では、虫たちも威勢よく鳴いています。そうです食欲の秋、サンマの塩焼きが美味しい季節がやってきました。

秋深まるこの時節、私たちサンロクは、小松ヶ丘において建物の完成見学会開催致します。

見学会と同時に販売も致します。興味のある方は是非ご見学下さい。

開催期間は、トップページにもありますとおり、9月15日(土)からです。

週末は、担当者が現地にてご来場をお待ちしていますが、平日は、担当者が現地には常駐しませんので、平日のご見学をご希望の方は、恐れ入りますが、当社までご連絡下さいますようお願い致します。

建物の概要をご案内致します。

 「フラットプラス」(平屋)

 所在地 小松ヶ丘一丁目 当社分譲地「リュクスコート小松ヶ丘 6」

 土地面積 / 87.11坪

 建物面積 / 25.67坪

 価格 / 1880万円(土地+建物+外構+家具+消費税) ※諸経費別途です。

 仕様 / オール電化 (IHクッキングヒーター+エコキュート+エアコン)

 省令準耐火構造 省エネ性能「BELS」申請中

外観

リビングダイニング

キッチン(タカラスタンダード)

 子供室   物干場 

 洗面脱衣  バス

「リビングコート」(2階建)

 所在地 小松ヶ丘一丁目 当社分譲地「リュクスコート小松ヶ丘 9」

 土地面積 / 84.37坪

 建物面積 / 30.06坪

 価格 / 2190万円(土地+建物+外構+家具+消費税) ※諸経費別途です。

 仕様 / オール電化 (IHクッキングヒーター+エコキュート+エアコン)

  省令準耐火構造 省エネ性能「BELS」申請中

 外観

リビングダイニング

リビングダイニング

キッチン(タカラスタンダード)

ダイニングテーブルセット

物干場  バス

ご来場を心よりお待ちしております。

ご来店のお客様へ「ペットボトルに入ったお米(PEBORAペボラ)」プレゼント!

 

更新日時 : 2018年09月12日 | この記事へのリンク : 

隠れた名跡 「津軽の千本鳥居」

営業企画部の橋本です。

京都の伏見稲荷神社にある「千本鳥居」は誰もが知っている観光地ですよね。

実はそれに似た場所が青森県にもあるのを知っていましたか?

私も最近見つけたのですが、 つがる市(旧車力村)の日本海にほど近い場所にその景色は広がります。

高山稲荷神社(つがる市牛潟町鷲野沢147-1) 

立派な大鳥居が出迎えてくれます。この先に何かがありそうなワクワクを感じますね。

何もなさそうな鳥居をくぐって、100段ほどの階段を登って、また100段ほど降りると

キレイに整備された庭と鳥居が見えてきます。

どうですか。この曲線美。

京都のはまっすぐ直線的な雰囲気が多いのですが、ここは遠近をいっぺんに楽しめる面白さがあります。

最初に「千本鳥居」と書きましたが、ここの鳥居は全部で200本程度です。

さらに、鳥居1本1本が小さくて、柱や貫のサイズは本家とは比べてはいけません。

塗装もそろそろ塗ってあげないと、崩壊の危険が・・・

それでも、『わびさび』 を愉しめたのは、逆にこの古めかしさからでしょうか?

鳥居の奥には、なぜかキツネがずらりと。

説明の看板も皆無ですので、なぜここに並んでいるのかを知ることも出来ません。

稲荷神社だからお使いのキツネなのかな・・って勝手に解釈。

パワースポットにしては小ぶりですが、青森県にこんなところが存在することに驚いた日でしたね。

この後は鰺ヶ沢のわさおに会って、イカ焼き食べて帰りました。

どっちが 『わさお』 でしょうか?

更新日時 : 2018年09月05日 | この記事へのリンク : 

ポーセラーツの展示

前回、ブログでご紹介致しました「ポーセラーツ」が出来て来ました。

早速、当社店頭に展示致しました。

どれもこれもとても個性的で素敵な お皿になりました。

8月20日まで展示させて頂きます。

近くにお寄りの際は、是非ご覧下さい。

更新日時 : 2018年08月11日 | この記事へのリンク : 

もの造り体験イベント、結果報告。

7月末までは暑い日が続き、「暑い暑い」とぼやいていたら、ここ最近ずっとグズグズした天気で、今度は「スッキリしない」とぼやく毎日。

暑けりゃ「暑い」、寒けりゃ「寒い」と、なんともわがままでございます。

関東以西は、命に危険が迫るほどの猛暑とか。

こんなに涼しいんだから、住みよくて「ありがたい」と思わないといけませんね。

さて、先日開催致しました当社のもの造り体験イベント「ポーセラーツ」のご報告を致します。

当日は、7組 15名様にご参加頂きました。

   

 

講師の方から一通りの説明を受け、たくさんあるシールから好みのものを選び、お皿に思い思いの デザインをしていきます。

あまりにも多くのシールの絵柄からそれを選ぶだけでひと苦労。

こんな柄で、あんな柄でと2枚、3枚と造って頂きました。

作業風景は、こんな感じです。

 真剣です。

  

 

「出来ちゃったよ」と弟さんの面倒を見てるお兄ちゃん。


仕上がりは、こんな感じです。

はじめてにしては、皆さんとても上手で、焼き上がりがとても楽しみです。

出来上がった皆さんの作品は、8月いっぱい当社店頭に展示させて頂きます。

今回のこの「ポーセラーツ」、とても好評でした。

お席の都合で、7組のご家族様となりましたが、また企画させて頂きたいと思います。

皆様のご参加、お待ちしています。

更新日時 : 2018年08月08日 | この記事へのリンク : 

動物園の行動展示を学んで来ました

営業企画部の橋本です。

一度は立ち寄りたかった、秋田市の大森山動物園に行ってきました。

ここは、北海道の旭山動物園を手本にして 『 行動展示 』 のスタイルを取り入れていますが、

その雰囲気の素晴らしさたるや驚きの動物園でしたよ。

従来、人気のある(お金のある)動物園は、観客数を増やすのには 「珍しい動物を引っ張ってくること」 が

競争優位に立つものだと考えられていたそうです。

しかし、お金の無い動物園はマネできない。そこでお客様のニーズを理解し、「動物の珍しさではなく、

動物の動きを売る」〜という考え方になったと。

「大手に勝てないなら、ルールを変えてしまう」〜という視点の変化が、動物の行動展示の始まりなのだそうです。

いやー、楽しかったですよ。動物達との距離が近い近い!

動物達の世界にこちらから入り込んだ感じです。

ヒトの檻もありました。

このようなジョークが通じる動物園は日本にもいくつか存在しますが、やはりココにもありました。

下の写真は、静岡県の伊豆にある動物園のもの。

この文面を考えた人の家庭は奥様が強いのでしょうか?

動物園にもいろいろな気づきがあって面白いですね。

最後はいつもの郷土料理を。

一見さんには敷居の高い居酒屋さんで、1本400円もする比内鶏のねぎまを食べる事が出来ました。

身がプリップリで最高でしたよ。


更新日時 : 2018年08月01日 | この記事へのリンク : 

ポーセラーツ

連日暑い日が続いていますが、皆様お変わりありませんでしょうか。


先日の土用の丑の日、うなぎ弁当が、全国的にかなりの量売れ残り廃棄されたとか。

理由は、うなぎの高騰で、お弁当の値段が高く、買い控えした人が多かったかららいしです。

確かにうなぎ、特に国産物は、高くて手が出ません。

捨てるくらいならもう少しお安くして頂きたいものです。(しばらくうなぎ食べてないなぁ!)

どこかの国でもブランド商品の価格高値安定とブランドイメージの保護の観点から、在庫品を数百億円分焼却処分したとか・・・・。

なんかもったいないですね。

ちょっと前なら「もったいないオバケがでるぞっ」とか言ったんでしょうけど。

さて、 7月29日の日曜日、当社恒例となりました「もの造り体験イベント」を行います。

今回の素材は、「ポーセラーツ」です。

聞きなれない言葉ですが、知っている方は知っている?もののようです。

簡単に言うと磁器製のお皿に専用のシールを貼って、高温で焼き付け、オリジナルのお皿にしちゃおうというものです。

簡単そうですが、個々のセンスが求められる作業のようです。

定期的に教室も開かれているようです。

若干、お席に空きがございます。 ご興味のある方は、ご連絡下さい。

更新日時 : 2018年07月25日 | この記事へのリンク : 

クールリビング新築見学会

営業企画部の橋本です。

6月23日、24日に八戸市で完成見学会を開催しました。

こちらはサンロク一押しの 『クールリビング』 をご提案した建物です。

都合がつかずにお越し頂けなかった皆様に、写真を何枚かご覧頂きたいと思います。

リビングは読書好きな奥様を想って、ゆったりと本に集中できる雰囲気を目指しました。

アイアンのレールと、やわらかく見える生地のカーテンがお似合いです。

リビングとダイニングは引き戸で仕切ることも出来ますが、通常はオープンです。

LDKで20畳あります。

ダイニングはやや小ぶりですが、オープンな部屋が広く見えるので圧迫感はあまり感じません。

クールリビングでは欠かせない照明 『 ルイスポールセン 』 ですね。

設計段階でダイニングテーブルは決まっていますので、吊り下げ位置も完璧です。

コードの長さもテーブル高さによって決まりますので、適正な高さに吊られるようカットされて入荷します。

ルイスポールセンは(真下以外)どこからみても電球が見えないように設計されたデンマーク製の照明です。

リビングの北側には4.5畳の和室も配置しました。

帰りの遅いご主人が、家族に迷惑をかけないようにと、スグ横になれるよう仮眠室としても使いますし、

ゲストがお泊りになる際にも使えます。

もちろん普段は、奥様がアイロンをかけたり、子供達が寝そべって本を読んだり、いろいろ多用途に

使って頂ける空間ですね。

とっさの来客の際には、引き戸を閉めれば見えなくすることが可能です。

洗面脱衣室には、お風呂の前に脱いだ服を入れられるバスケット。無印良品。

台所には、スマホの充電や、アイパッドを置いて動画を見れるようにニッチカウンターを造作。

オレンジの壁には鉄板を仕込んであるので、小学校の給食だよりを磁石でペタっと。

2階はプライベート空間になるので写真は省略しますね。

クールリビングのコンセプトは、 『 素敵なくらし 』  『 かっこいい住まい 』  です。

興味を持たれた方は、サンロクにご連絡ください。

〜米軍基地の外人さんが、ダンキンドーナツの差し入れを持って来店されました。

いま、日本でダンキンドーナツを買えるのは米軍基地内だけなんですよね。

ひさしぶりに食べました。ごちそうさまでした。

更新日時 : 2018年07月04日 | この記事へのリンク : 

八戸市内で新築が始まりました。

八戸市内で、新築工事が2棟始まりましたので、ご紹介致します。

建築場所は、長苗代と湊町です。

両方共現在、外構及び基礎工事中です。

 長苗代 完成予想パース

 湊町 完成予想パース

どちらも「アクアフォーム」と「トリプルガラスサッシ」による、高気密高断熱のオール電化住宅です。

上棟予定は、7月下旬から8月上旬。

完成は、10月末を予定しています。

長苗代 工事現場

長苗代現場地鎮祭直後

やり方出しから根掘り

コンクリート打ち込み

湊地区 工事現場

湊の現場外構工事

べ−スコンクリート打ち込み

コンクリート打ち込み完了

いずれの現場も地盤調査を行ったところ、改良工事不要との結果が出ました。

基礎工事が始まってまもなくのお施主様の感想で一番多いのが、「あれっ。思っていたより小さく見える」です。ほぼ99%のお施主様からのご感想です。

基礎工事時点では、立体的ではなく、平面なので、思いのほか小さく見えます。

長いことやっている私でさえ、時に「おやっ」と思ったりするぐらいです。

そして上棟後、お施主様の感想が変わります。「わっ、大きい」。

お施主様のこうした驚きや気づきの反応、そして喜びの笑顔が、私たち社員のやりがいでもあります。

お施主様ご家族の「えがお」のためにこれからも頑張ります。

現場周辺の皆様へ

工事完了まで、お騒がせを致しますが、何卒ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

更新日時 : 2018年06月27日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年10月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031     

最近見た物件 (0)