サンロクのブログ

三沢市・十和田市・八戸市・おいらせ町・東北町・六戸町・仙台市で長期優良住宅・ゼロエネ住宅の新築・リフォームは螢汽鵐蹈へ(土地・中古住宅も相談下さい)

ブログ一覧

除雪の苦労をへらしませんか?

設計監理部の成田です。

冬場の除雪作業大変ですよね?

朝、会社に出社しなければいけないのに外は雪がドサッ・・・

除雪で疲れ切ってしまいますよね。

その苦労を解消するためにカーポートなんてどうでしょう??

サンロクのリフォームチラシにも掲載されていますが当社一押しのカーポート!!

三協アルミ製 カーポート G-1 2台用

こちらの製品は耐積雪量が1mまで対応できますので強度的にも安心!

今回、三沢市内で施工しましたのでご紹介します。

こちらは駐車場がすでにアスファルト舗装されていたのでその上に建てました。

カーポートを建てる位置を決めてさっそく着手です!

まずはカーポートの柱を建てるために掘削作業をします。

さて次の工程は・・・

柱を建ててそこにコンクリートを流し込み固定します。

そして次の日に屋根入れをます。

最後に雨どいを取付ればもう完成です。

完成がこちら!!

今回は天気が悪い日が続き思うように作業が進みませんでしたが

4日間で作業は完了しました。

カーポート以外でもたくさんおすすめ商品、特価商品がありますので是非ご検討をお願いします。

↓↓サンロクリフォームチラシはこちらから↓↓

http://img.heyaweb.com/?action_newsImg=true&uid=s-h-1214&tab_page=2&n_id=39332

更新日時 : 2014年08月22日 | この記事へのリンク : 

民防プラスアルファ

設計監理部の三浦です。

少し前に終わった民防工事をご紹介します。

こちらのお客様は民防工事と一緒に外壁の貼り替えを一緒に

工事しようということになり、 もともと1階部分しか対象でなかった

外壁の貼り替えを2階部分も行い全部キレイになりました!

↑↑施工前

もともとはこんな感じで外壁も少し色あせちゃってますね。

↑↑施工後

シックなブラウン色で落ち着いた雰囲気になりました。

↑↑施工前

違う角度からもう一枚・・・

↑↑施工後

ばばーーん!!

民防工事がメインなので、ちゃんとサッシも交換してます。

白いシート(防湿シート)も貼りなおし、外部だけはほぼ新築と同じですね。

民防工事をきっかけにほかの部分も一緒に工事すると、

うまくいけばお客様にとっては安く工事ができる場合もありますね。

その際は是非一度サンロクまでご相談を☆

更新日時 : 2014年07月18日 | この記事へのリンク : 

解体でビックリ!

設計監理部の橋本です。

先日から解体工事が始まった古間木のU様邸。

和室の畳を上げた途端、大工さんも私も思わず見入ってしまった出来事がありました。

なんか古い新聞だな〜と思っていたら、

まさかの昭和42年8月5日。・・・・私も生まれていない頃の新聞です。

約45年間ものあいだ、この新聞紙はずーっと畳の下に敷かれていたことになります。

この当時のテレビ局は、RAB青森放送と、NHK、NHK教育テレビの3チャンネルだけみたいですね。

ドラマの出演者を見ても、知らない方ばかりです。

夜8時からのプロ野球は、『巨人VS中日』。

今と一緒だな〜と思いながら、スポーツ欄を見てみると、

パ・リーグ欄がおもしろいことになっています。

阪急、東映、西鉄、南海、東京、近鉄・・・・・。懐かしい球団名がズラリ。

セ・リーグ個人の打率3位は『世界の王!』

この他にも、

45年まえの新型クラウン。

ロッテのチョコレートが50円!

現場の大工さんやお客様と、ついつい昔話で盛り上がってしまいました。

お客様も、45年まえにこの家を建てた時の苦労話を、懐かしながらおっしゃっていましたが、

こうやって笑いながら解体工事が出来るのも、リフォーム工事の醍醐味なのかもしれませんね。

リフォーム工事の完成まで、楽しく工事が進められればと思います。

更新日時 : 2014年06月28日 | この記事へのリンク : 

三沢市 リフォーム

設計監理部の三浦です。

先日工事が終わりましたリフォーム工事をご紹介します。

中古住宅をご購入されて、引っ越しをする前にリフォームを

したいとのご要望でした。

サンロクは不動産の購入とリフォーム工事とがすべて一括でできるので、

お客様にとってはとても楽ですよね。

↑↑↑施工前↑↑↑

↑↑↑施工後↑↑↑

さてまずはキッチンを交換しました。

もともと外国人が住むことを想定していたお住まいでしたので、

コンロがない状態でしたが、今回の工事で人工大理石の天板をもつ

システムキッチンに交換しました。

↑↑↑施工前↑↑↑

↑↑↑施工後↑↑↑

続きましてユニットバスです。

リクシルさんのキレイユというシリーズです。

サンロクオススメ商品のひとつですね。

↑↑↑施工前↑↑↑

↑↑↑施工後↑↑↑

次は給湯器です。もともとガス給湯器がついてましたが、

石油給湯器に交換しました。

追い炊き配管を追加したので、箱から出ている管の数が

増えて少しごつくなりました。

その他にもちょこちょこ手を加えて、住みやすいお住まいになりました。

住み始めてからまたご自身でDIYされるご予定とのことでしたので、

これからの変化が楽しみです☆

更新日時 : 2014年05月30日 | この記事へのリンク : 

山小屋風リフォーム!

設計監理部の橋本です。先日完成したO様の増築現場をご紹介しますね!

増築部分と、既存の部屋を1部屋だけ解体し、広い作業場を作るプランです。

外壁を張る前の状況ですね。お客様がご用意された業務用のキッチンが置かれています。

内部は、増築により建物の強度が落ちないよう、木材と金物でバランス良く補強を行います。

壁の仕上げは杉の羽目板です。ガラリと雰囲気が変わっていきますね。

それでは完成写真を!

O様が商売として使われる流し台ですので、使いやすさが第一となりますね。

杉板は水に強くないので、水がはねる場所にはメラミン化粧版を張っています。

流し台の反対側には、こちらも作業用のテーブルが。中央の柱と筋違は、構造上抜けない部分ですので、

古い柱には杉板をかぶせ、腰の高さまでは羽目板を張っています。

左側に見える長椅子も、厚さ5センチの杉板を繋げています。パッと見は立派な1枚板に見えますね。

ビールサーバーや、ワインセラーが置かれました。作業の後の一杯が想像できますね。

間接照明やインテリア小物を上手に使い、お客様のセンスの良さが伝わります。

夜になると、また違った雰囲気を見せそうな現場となりました。

おかげさまでサンロクは新築・リフォームともに年明けも忙しくさせて頂いており、

O様には、工期の遅れで完成までに大変お待たせしてしまいました。

私ども現場監理は工期の順守が最大目標です。

たとえ忙しくても、お客様へかける負担を最小限にするよう、今後も努力してまいります。

更新日時 : 2014年04月30日 | この記事へのリンク : 

十和田市のリフォームでは・・

設計監理部の橋本です。

今朝の三沢市は前夜の大雪が残っていて別世界でしたね。朝から除雪の手配でてんやわんやでした。

そんな中でも、サンロクの各新築・リフォーム現場は元気に頑張っています。

十和田市のH様邸リフォームも、本日無事完了しました。

こちらは、一戸建て住宅を事務所として使われていました。広いワンルームです。

3部屋に分ける為に、梁などを上手に利用しながら間仕切りをします。

2階のホールから、3部屋の入口が完成しました。

8畳になった寝室には、幅2,7メートルの広いクローゼットを設けましたが、

普通の折り戸では、扉が部屋の中に張りだしてきて家具が置けなくなるので・・・

3枚連動引き戸を採用しています。

右側を開けたり・・

左側を開けたり・・

引き戸ですから、物も取り出しやすいですし、部屋を有効に使えますね。

最後に、H様には小さな娘さんがいらっしゃたので、

この危ない階段を安全にする為に・・

手すりと、滑り止めを取り付けました。

アルミのシルバー色と、階段の濃いブラウン色の雰囲気を壊すことなく、

安全な階段にすることが出来ましたね。

H様にも大変気に入って頂きました。良かったです!

更新日時 : 2014年03月21日 | この記事へのリンク : 

お風呂の窓はそのままでもリフォームできます!

設計監理部の橋本です。

お風呂のリフォーム打ち合わせの際に、『窓を取替えないといけないのでしょ?』〜と話されるお客様が多いですね。

もちろん、断熱性能を上げるとか、遮音性、防犯性を高めるとか、窓を取り替える効果は非常に高いのですが、

外窓を取替える為には、外壁の解体や補修も必要となるので、予算的に高くなってしまうのが現状です。

こちらの現場では、外窓の状態が比較的良かったこともあり、工事費を大きくせずにお風呂を

リフォームする作戦としています。

解体直後です。作業中はガラスが割れないよう窓を外していますが、窓をはめるとこんな感じです。

続いて断熱施工後です。古い窓のままですね。

そして完成直後です!

内側に新しい樹脂の窓を設け、ガラスを型ガラスにすることで、古い窓がほとんど見えなくなりますよ。

こちらでは、ガラスもペアガラスにしましたので、断熱性能も格段に向上しました。

内窓を開けると、古い外窓が顔を出すのが見えますか?

ただ、換気扇も設けていますので、窓を開ける回数はさほど多くならないと思います。

大きな工事費にならないよう、それでも断熱効果を上げたい場合には、この作戦は有効ですよ。

お風呂の予算を削った分で、他のお部屋のリフォームも出来たので、お客様にも大変喜んで頂きました。

サーモンピンクのお風呂もキレイですね。

更新日時 : 2014年03月03日 | この記事へのリンク : 

十和田市 住宅改修の続きです!

設計監理部の橋本です。前回の現場の続きです。

出入りのしやすいドアに替えたほかにも、手すりの取替えをしています。

新築時に取り付けた手すりは、取付け位置が便器側(身体)に近すぎる為に、

チカラの無いお年寄りには掴み立ち上がれない状況になっていました。

これではまるで飾りですね。今回きちんと直しましょう!

新しい手すりの写真です。

今までよりも手前に移しているのが写真から伝わるでしょうか?

縦手すりの部分は、便器の先端から30cm前方に取り付けしています。

横手すりは、床から65cmの高さに取り付けしています。

ご本人Y様のお身体の状況ですと、この寸法が一番安定して立ち座りできる距離でしたよ。

上の絵は、私たちがよくご説明する標準的な寸法です。

もちろん、皆さま体格の違いがありますので、最適な位置は人それぞれに違いますね。

また、絶対はずれることの無い手すりにする為には、取り付ける部分の壁の強度を上げる必要がありますので、

下地板という部材を使用します。間柱などに固定させます。

手すり一本付けるにも、考えることはたくさんありますね。

ー蠅垢蠅鮗茲衂佞韻覦銘屐ΑΑΠ貳嵒要とする方の、お身体の状況にあわせるのが基本です。

⊆蠅垢蠅梁世機ΑΑΔ柑藩僂砲覆詈のチカラの有無や、手の大きさ、指の長さで使いわけます。

手すりの材質やカタチ・・・取り付ける場所の環境や、握りやすさ等で使いわけます。

ぜ蠅垢蠅凌АΑΑΥ磴良袖いある方には、認識しやすい配色で使いわけます。

大きく分けて、この4点を考慮しています。

更新日時 : 2014年01月13日 | この記事へのリンク : 

今年もサンロクは頑張ります!

設計監理部の橋本です。

今日は仕事はじめでしたので、気比(けひ)神社に参拝に行ってきました。

サンロクと下久保建材店の合同でしたので、50人ほどの社員が集まりましたよ。

内部の写真は撮れませんので、帰りがけに1枚だけ。

今年も素晴らしい1年となりますように!

さて、昨年の年末に介護保険の住宅改修工事をしましたが、おもしろいドアを採用したのでご紹介したいと思います。

部屋側からも、廊下側からも、どちら側から押しても開くドア。この発想が今までは無かったのです。凄い!

リハビリテーション専門医の意見を取り入れて、建材メーカーのノダが開発しました。

しかも折れ戸ですので、部屋を広く活用することが可能です。

では、実際の現場写真をご紹介します。

普通の開き戸でしたので、出入りに必要な有効開口寸法(身体が不自由なく通れる広さ)は約60僂箸覆辰討い泙后

壁を少し壊して、新しいドア枠とドアを取り付けます。

取り付け出来る寸法は決まっておりますので、私どもにご相談ください。内装等の補修は必要となりますね。

ドアを開けると、このように折りたためますので、

有効開口寸法は90cmと、一気に広くなりました。介護される側も介護する側もラクに通れます。

このドアを付けるにあたって、他にも住宅改修のこだわりがあります。

長くなりましたので、続きはまた次回にご紹介します!

更新日時 : 2014年01月06日 | この記事へのリンク : 

十和田市のリフォーム ビフォーアフター

設計監理部の橋本です。

12月24日に報告しました十和田市三本木のE様、中古住宅リフォーム。

お客様から写真の掲載許可を頂きましたので、少しご紹介します。

まずは台所の既存写真です。築20年程度とのこと。

傷みはそれほどでもありませんが、台所の天井や壁に油のシミがたくさん付いていましたので、

換気扇の吸い込みが悪かったことが解ります。

完成はこちら。吸い込みの良い大きなレンジフードと、吊戸棚の無いのが特徴ですね。

左下のカウンターは調理家電を置く為に、大工さんの手作りです。

カウンターの下は、ゴミの仮置き場。このあと3連のゴミ箱が入りました。

分別用のゴミ箱は、3連程度なら60僉75僂△譴估ります。

ダイニングの隣室にあるリビングも、内装工事をしています。

E様はワンちゃんを飼っているので、掃除の難しいじゅうたんはやめて木質化することとします。

じゅうたんをはがすと、その下には12伉度の合板が張ってあるのが標準です。

そのまま合板の上にフローリングを張れますので、比較的簡単な工事ですね。

人気の白いフローリング。この色合いはE様に大変喜んで頂きました。

最後にお風呂まわり。

設計ミスでもあったのでしょうか?お風呂の広さにあわない小さな浴槽です。

右側の無駄なスペースに、濡れた床で滑って落ちたりでもしたら〜と思うと、危険なお風呂ですね。

お風呂は暖かいユニットバスへ。内窓の設置で断熱性能もさらにUPです。

この地区はこれから下水道の工事が行われる予定もあり、E様の次回のリフォームは

トイレ(水洗化)と屋根・外壁を予定しています。

建物を部分的にリフォームしていこうとお考えのお客様には、間違った工事の順番により無駄に工事費が

かさむ結果とならないよう、私どもにご相談くださればと思います。

更新日時 : 2013年12月29日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年10月        >>
  123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031     

最近見た物件 (0)