サンロクのブログ

三沢市・十和田市・八戸市・おいらせ町・東北町・六戸町・仙台市で長期優良住宅・ゼロエネ住宅の新築・リフォームは螢汽鵐蹈へ(土地・中古住宅も相談下さい)

ブログ一覧

5月16日

 ブログの話題探しで、5月16日で検索したところ、本日5月16日は、「旅の日」なのだそうです。

 日本旅のペンクラブさんが1988年に制定したようですが、1689年5月16日にあの松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出た日にちなんでいるようです。

 最近の国内旅行の足といえばやはり列車、新幹線ですよね。

 2016年3月に北海道新幹線が一部開通し、函館にも新幹線で行ける時代になりました。

 私が若い頃(そうとうむかしの話)は、青函連絡船かフェリーしかありませんでした。※泳ぐという手段以外でです。

 青森港から函館港まで約4時間の船旅。出航前の銅鑼(どら)の音が旅を演出し、ディーゼルエンジンの音が響く船内に雑魚寝して、波が荒い日は、船酔いと戦いながらの津軽海峡を渡ったものです。『津軽海峡冬景色』そのままでした。

 40年前、三沢駅から青森駅まで、東北本線の特急で約1時間、連絡船乗り継ぎで20分、連絡船で4時間、合計5時間半の旅でした。

 今は、クルマで十和田七戸駅まで約30分、新幹線と乗り換え列車(函館ライナー)で1時間50分、合計2時間20分です。寝てる暇もありません。

 移動にかかる時間が半分になって現地で楽しむ時間が増えたのは、とってもいいことですが、なんか旅の風情がなくなったような気がします。

 昔乗った列車が懐かしい。駅のホームで列車の窓を上げて駅弁とプラスチックの容器に入ったお茶(プラスチックの出汁が出てたやつ)を買って、窓から吹き込む風を感じながら列車に揺られて旅をした。あの堅いリクライニングの無い木製の椅子。決して乗り心地がいいとはいえないあの列車。とても懐かしく思える今日この頃。時間は確かにかかりましたが、今よりはるかに「旅」を楽しめた気がします。

 旅の形は変わりましたが、旅はいいですね。

 最近は、なんだかんだと予定があって(たいした用事でも無いくせに)、旅に行けずにいます。

 いつか時間を作って昔みたいにのんびりした旅に出たいです。

 5月16日「旅の日」、営業企画課 山田でした。

更新日時 : 2018年05月16日 | この記事へのリンク : 

久しぶりの建物探訪

営業企画部の橋本です。

GWに、今まで行けそうで行けなかった 『岩手銀行赤レンガ館』 に行ってきました。

ここは、東京駅や日本銀行本店を設計したことで有名な建築家 『辰野金吾』 の設計した建物で、

辰野が設計した作品の中では東北地方で唯一現存する建物だそうです。

玄関を入って最初に目に入るのは、旧事務室(営業室)。今でいう窓口みたいなもんでしょうか。

天井装飾のカタチが変わってるなーと思っていたら、銀行の地図記号ですとの解説が。

このマークを模しているそうです。しかも理由は不明なんだとか。

2階の総会室の壁には、漆喰の装飾がありました。

総会室へ上る階段は、手すりから親柱から、すべてケヤキを掘った装飾です。

柱の上には松ぼっくりのような木彫りが乗せられていました。

とんでもない手間がかかりそうな階段でしたね。

金庫のダイヤルの上にあるエンブレムもカッコ良かったです。

言い遅れましたが、この建物は1908年(明治41年)の着工です。

〜と言うことは、このエンブレムはそれ以前の製作ですよね。日本の技術の素晴らしさ。

天井までは14メートル。東西に12メートル、南北に12メートルの大空間。

ヨーロッパのコンサートホール小型版・・・みたいな雰囲気でした。

いろいろ説明ボードを読みながら見学して、なんとなく五所川原の斜陽館に似ている部分があるな・・

と思っていたら、あちらと建築時期がほとんど同じ。(斜陽館は1907年)

斜陽館も一部に銀行建築を取り入れているのですよね。当時の流行というのでしょうか。

久しぶりにゆっくり堪能させてもらいました。

そして夜もまた初体験をしました。盛岡市のソウルフード 『じゃじゃ麺』

これが食べる前

あとは混ぜて食べるだけ

麺を2〜3本残した状態で、店員さんに 『ちーたんたん』と声をかけるとこうなります。

要するに、食後のスープですね。

まだちゃんと食べたこと無いなって方は、これを参考にしてください。

更新日時 : 2018年05月09日 | この記事へのリンク : 

アパートの塗装工事を行いました!!

設計監理部の成田です。

三沢市内で塗装工事を行いました。

塗装前の写真がこちらです。

そして塗装後がこちらです。

塗装前の外壁と色は大きく変えずに塗装しました。

今回はシリコン系塗料を使用しました。

今回のシリコン系塗料の耐用年数は約10年程度です。

塗料は種類も多く、それぞれ耐用年数が違います。

塗装したいけどどの塗料を使えばいいの?

家を塗装して雰囲気を変えたいけど何色を選べばいいの?

っと塗装を検討されている方は是非サンロクにお問い合わせ下さい!!

更新日時 : 2018年05月07日 | この記事へのリンク : 

LIXILの工場見学!!

設計監理部の成田です。

愛知県にありますLIXILの榎戸工場の見学へ行ってきました!!

こちらの工場は衛生陶器(トイレ・手洗い器など)を製造しています。

圧力鋳込成型機やロボット成型自動仕上げ機など世界トップクラスの技術ある工場でした。

実際に衛生陶器の製造工程を見学できたのですがほとんどの作業をロボットが行っております驚きました!!

残念ながら工場内は写真撮影禁止だったのでお見せ出来ませんが・・・

すごかったです!(笑)

他には工場内に展示スペースが設けられており上海万博で展示した黄金のトイレがありました!

さらにスワロフスキーを全面にあしらった便器も展示してありましたよ!

スワロフスキーが7万2千個も使われており全て手作業で貼り付けられたそうです。

ところでこの便器・・・座面にもスワロフスキーが貼ってあるんですか?って質問したら

安心して下さい!貼ってませんよ!!っと言われました(笑)

こちらの商品は販売はしていないそうですが販売するとしたら数千万だとか・・・

目の保養になりました(笑)

最後は陶器で作った看板の前で集合写真を撮りました。

日頃何気なく使っている便器がきめ細かな品質管理体制の下で生産されているのを見学出来てよい勉強になりました!!

更新日時 : 2018年04月30日 | この記事へのリンク : 

八戸市の新築風景

営業企画部の橋本です。

八戸市のY様の新築が進みましたのでご紹介します!

この日は絶好の建て方日和でした。

天気が良いと気分も晴れます。

6人の精鋭大工さん達が、息をあわせてどんどん柱や梁を組んでいきます。

キレイに整列されているプレカット木材を見るだけでも気持ちが良いですね。

建て方から1週間ほど経った現場です。

いつ雨が降っても問題ないように、屋根を仕上げ、壁には透湿防水シートを張り、

窓や玄関ドアも取り付けた状態です。

この状態になると、大工さんもホッと一息つける時期ですね。

外壁サイディングを張る為の下地材を施工していますよ。

外壁材の内側には、空気が流れる道をシッカリ設ける必要があります。これを通気と呼びます。

この作業に不備があると、あとで大変なことになります。現場監督も目を光らすポイントです。

施主様のお仕事の都合で、上棟式は予定の時期よりもかなり遅れてしまいました。

息子さんもパパの言うことをきちんと聞いておじぎをしています。

家内安全。いつも和やかな家となりますように。

施主のご夫婦と一緒に、現場にて電気の配線打ち合わせをします。

部屋の家具レイアウトをイメージしながら、どの位置に、どの高さにコンセントを設ければ効率が良いのか・・

など、ひとつひとつ考えながらチェックしていきます。

実際の建物で検討することは、図面上と違っていろいろな気づきがあるものです。

だいたい数か所は必ず変更になりますね。

図面だけで家を建ててはいけないことを、いつも実感する時です。。

さて、これからはアクアフォームと呼ばれる吹付け断熱の工程へと進みます。

また次回に。


更新日時 : 2018年04月18日 | この記事へのリンク : 

十和田市 アパート新築 完成!!

設計監理部の成田です!

十和田市で新築していましたアパートをご紹介します!

まずは玄関ホールの写真です。

ここで目を引くのは部屋のドアです。

なんと青いんです!!

この青いドアはLIXIの ヴィンティアという製品です。

さらにお引越しの時に荷物の出し入れをしやすい様通常は建具の高さが2mなのですが今回は特別に2.3mの建具を設置しました!!

茶色の床や玄関収納に青いドア・・・なんか雰囲気が良いですよね?

続いてLDK・キッチン周りです。

キッチンの吊戸棚を設けず空間が広く見える様工夫しました。

吊戸棚がない分ペンダントライトを下げて雰囲気よく仕上げました。

LDKのサッシは高さ2.2mと天井いっぱいまでなので解放感があります。

隣の洋室は壁紙でアクセントと付けました。

緑の壁紙はなかなか選ぶのに勇気がいるかと思いますが茶色と良く合います。

ストライプの壁紙は可愛い空間になりがちですがやはり窓枠等が茶色なので引き締まって見えますね!

最後にトイレです。

トイレも壁紙でアクセントと取りました。

便器はシンプルなものを選んでいますが壁紙のおかげでゴージャスに見えますよね?

既に全室入居済みで皆さん新生活を送っています。

こんな空間で生活してみたいですね!!

更新日時 : 2018年04月15日 | この記事へのリンク : 

構造現場見学会!!

こんにちは!

サンロクの構造見学会のお知らせです!!


こちらのチラシをご覧になって、ぜひお越しください!

心より、お待ちいたしております。

よろしくお願い致します。

更新日時 : 2018年04月14日 | この記事へのリンク : 

三沢市 建物リフォーム等事業費補助金のご案内

4月です。

春です。

もうまもなく桜も咲きます。

新年度になって皆様もこころ新たにしていらっしゃることと思います。

今回は、三沢市の「建物リフォーム等事業費補助金」についてご案内致します。

皆様も既にご承知の制度とは思いますが、改めてご紹介致します。

上記の5工事が対象です。

住宅リフォーム工事は、補助対象経費50万円以上の場合、10%(限度額20万円)が補助されます。但し、外構工事等建物に絡まない工事は、対象外となりますのでご注意が必要です。

 例として、お風呂やキッチンの交換工事、外壁や屋根の塗装工事などです。例外となるのは、門扉塀の設置工事やカーポート、駐車場舗装工事等です。

住宅用再生可能エネルギー等設置工事は、太陽光パネルやエコキュート(電気温水器の一種)など機器新設時の工事費30万円以上の場合、10%(限度額30万円)が補助されます。

 太陽光の設置工事以外にエネファームなどの燃料電池機器やペレットストーブ設置の工事費も対象となります。

空き家取壊し工事は、相続等で取得したお住まいの解体等の費用の10%(限度額20万円)を補助します。

 但し、1年以上住んでいないお住まいが対象ですのでご注意下さい。

その他、空き店舗改装出店工事補助対象経費の3分の1(限度額200万円)の補助と既存店舗改装工事補助対象経費の6分の1(限度額50万円)の補助があります。

この2つについては、計画についての事前審査があります。

これらの工事は、事前に登録を済ませた三沢市内の参加業者が、申請することで交付されます。

面倒な手続は、全て登録業者が代行致します。

尚、年度内の予算がありますので、無くなり次第終了します。お早めにご利用下さい。

以上、営業企画課の山田でした。


更新日時 : 2018年04月04日 | この記事へのリンク : 

いよいよ来年です。消費税増税!

だいぶ日ものびて来てすっかり春ぽくなりました。

庭先の水仙も、いつの間にか芽をだし春の訪れを告げています。

さて、そんな春ウキウキの気分をぶち壊すようで恐縮ですが、いよいよ来年『消費税増税』です。

2019年10月1日以降、8%から10%へ。2%の増税となります。

わずか2%ですが、お住まいの建築費から考えますとかなり大きな負担です。

仮にお住まいの建築費が2000万円の場合、40万円の増税です。

建築費だけじゃありません。お住まいをお建てになれば、新しい家具も買い揃えます。お庭を含めた外構工事も必要です。10月1日以降、全ての工事や家財購入費の税金がアップします。


ただし、お住まいをお建てになる場合は、経過措置というものがあります。

お住まいの工事の場合、建物の引渡日により消費税が賦課されます。よって10月1日以前に請負契約を締結したものの、お引渡しが10月1日を過ぎると10%の消費税になります。

経過措置期限の制度は、2019年の3月31日までに請負契約すれば、お引渡しが、10月1日を過ぎても消費税は、8%のまま据え置きとなります。これが経過措置です。

「じゃ、来年3月31日ギリギリで契約できればいいかっ」てことになるのですが、前回5%から8%に消費税が、増税された時も、駆け込みで建築を進める方が増え、資材や業者が不足し、建築工期が延びがちになりました。

お住まいの請負契約分は、消費税8%で据え置かれるとしても、その後の家財の購入や外構工事等が10月1日以降になれば、当然10%の消費税が賦課されることになります。

「間に合わなかった!」とならないためにも、増税の駆け込み工事が増加する前に余裕を持ってお住まいのご計画を進められることをおススメします。

今でしたらまだ大丈夫です。ただ、土地からお探しのお客様は、少し期日を意識してご計画された方がよろしいかと思います。

これからの景気や政治の動向によっては、増税自体、また据え置きとなることもあるのかもしれませんが、必ずあがると思ってご計画をされたほうが、増税が確定したときあわてることもないと思います。

当社も微力ながら、お手伝いさせて頂きますので、お気軽にご相談下さい。

営業企画課の山田でした。

更新日時 : 2018年03月21日 | この記事へのリンク : 

八戸市長苗代にて新築開始!

営業企画部の橋本です。

私のお客様の新築工事がようやく始まりました。

場所は八戸市の長苗代です。

こちらは造成工事を待つところから。

電柱を建てて、側溝を埋めて、道路を作って、上水道や下水道の配管を入れて・・・と、

分譲地が出来るまでには、なかなかの時間がかかります。

さあ、いよいよサンロクの出番・・と思っておりましたら、冬が来てしまいました。

おかげさまで、サンロクは昨年後半から工事も混んでおりまして、

順番待ちの状況が続いております。

他の区画では、他社さんの新築工事が急ピッチで進んでいます。

聞きましたら3月末の完成引き渡しなのだそうです。大変ですね。

サンロクチームは、土留め工事だけ先行し、基礎工事は少し待つことにしました。

冬季のコンクリート工事ですので、しっかり長めに養生期間を設けています。

こうして境界線をハッキリしておくことは、将来において安心出来ますし、

砕石や土砂などが隣地に流れ出るのを抑える意味もありますね。大事なことです。

そして、今週の9日からいよいよ基礎工事がスタートします。

こちらの現場は、『構造見学会』 も、『完成見学会』 も開催予定です。

室内にもデザイナーズインテリアを採用したり、見どころある現場になるかと思います。

八戸市の皆さまにも、『サンロクの家』 を知って頂くきっかけになることを願っています。

 々渋じ学会は、4月14〜15日頃を予定。

◆ヾ粟見学会は、6月末を予定しています。

更新日時 : 2018年03月07日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年05月        >>
    12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031   

最近見た物件 (0)